マンション経営を成功させる秘訣をココで伝授

お金と延べ棒

含み益も生じます

積み木と切り絵

マンション経営をするのであれば、東京都市部の物件を選ぶようにしましょう。これには、マンション経営で一番気を付けなければならない空室リスクを軽減するという理由があります。人口減少時代を迎えている中で、東京都市部はこれからもしばらくは人口が増加を続けるエリアとして大きく注目をされています。国際的にも、東京は重要な都市となっており、国際会議が開催されたり、観光旅行先として注目されていたりします。また、大学のキャンパスも東京都市部への回帰を始めています。大学のキャンパスは、以前に郊外へ移転することが続きました。しかし、郊外のキャンパスと東京都市部のキャンパスでは、東京都市部のキャンパスの方がはるかに学生の集まりがよく、優秀な学生を囲い込むために、再び東京都市部へ戻ってきているのです。人が集まるということは住む人も増えるということを意味していますが、一方で、供給は需要ほどに増えていません。そのため、賃貸需要がひっ迫しつつあるのです。マンション経営をするのであれば、少しでも早く東京都市部の物件を物色しておきましょう。最近では、長期スタンスでマンション経営をする人が増えているため、今後は売り物が出にくくなることが予想されています。逆のことを言えば、今のうちに、東京の都市部の物件で、マンション経営を始めれていれば、賃貸収入が安定するだけでなく、物件の含み益が大きくなっていくという可能性もあるのです。